イベント

カレンダー
アーカイブ
2010年11月

NZ大使杯 首都リーグ一次セレクション@矢野口(11/21)

先日の日曜日に首都リーグ開催のニュージーランド大使杯のセレクションに参加してきました。エントリー数は70近く、当日の矢野口グランドには予想を遥かに超える屈強なラガーマン達が集結していました。

ノーサイドクラブからの参加者は以下の通り。
竹内、五十嵐、海老名(首都幹事)峰廣、増山、古川、吉田、野渡(レフェリー)

グランド到着してチーム分け発表後、軽くタッチフットでアップして即席チームでセレクション開始。今回NSC以外のプレイヤーとラグビーするのは以前のタッチジャッジ講習会の時以来で、やはり緊張しました。ラグビー経験が豊富な周りのプレイヤーと比べると見劣りする分、今回は他の選手の胸を借りようという気持ちで励みました。

20分という短い時間の中で、自分がどう動けばトライにつながるかを意識しながら試合に集中できたのではないかとおもいます。

◎目立つ選手(良い動きをしている選手)はコミュニケーション(仲間への指示、ラインが余ったときのコール)がとにかく多いと感じかました。
◎また、タックル受けた仲間へのオーバーを間髪入れずに入ってくるので、ボールを保持したまま、体勢を立て直せる場面が多かったです。

自分にとって本職のウィングの選手のプレーを間近でみられて、良い経験になりました。選考の結果、ノーサイドクラブからは(鉄板が入っている体を武器に)フォワード陣に強烈な印象を残した竹内キャプテンと(NZ杯常連!)昨年に続き連続出場の峰廣さんのお二人が選ばれました。12月5日はチームをあげて二人の応援しましょう!
 (リポーター:琢磨)

大使杯.jpg

ページトップへ戻る