練習日誌

カレンダー
アーカイブ
2012年05月
MVP:竹内

5月6日練習@戸田公園

昨年6月の現主将 峰廣組との代替わり部内マッチから早11ヶ月。
同年7月のお店オープン以来、仕事とお酒に愛され過ぎた身体にムチを打つべく、
お店の営業開始時間を遅らせて、ようやく練習に参加することが出来ました!

いかんせん、この11ヶ月、ほとんど動いていなかったので
当初は散歩するつもり程度での参加だったのですが、
気がついたら、ウォーキングタッチフットから最後のタッチフットまで
ほぼ全メニューに参加。
恐縮ながらMVPまで頂いてしまいました。
ヒョウと豪雨の中、選んでくれた峰、本当に有り難う。
光栄です。

以下、参加者と練習メニューです。
長くてすいません、とは言いません。

<参加者(敬省略)>
サポーター:姐さん、彩ちゃん、さなちゃん
プレイヤー:峰廣、大谷、土+羊-一=鈴木、海老名、町田、山田うどん、善幸、◯、住田、ゆみなもち、復活岩崎、タイガービア、シップ、キョロ、池羽、関根、河合、板垣、BIG JOHN、望月、ウェバー、水吉、竹内

★ウォーキングタッチフット
いちチーム4人で4チーム編成し、総当たり戦。
OFではスペースとギャップを見極め仕掛けること、縦を突きポイントを作る重要性の認識、
人数が少ない分運動量を増やし、パスした相手の背後に出来る限りサポートに回ることなど。
DFではノミネートとコール、ポイントサイドの徹底、とにかくギャップを作らないこと、
人数が少ない分バッキングを常に意識など。
ミスは攻める姿勢/仕掛ける姿勢のある人だけに与えられる小さな名誉。
みんなで失敗を恐れず、どんどんアタックしていきましょう!
この練習ではトライを連取した貫禄の峰主将が光ってました!

★グリッド
一番強いチームは得てして、浮かしやショートパスなど、
簡単でシンプルなプレイを一番ミス無く出来るチームでもあったりします。
ミスを恐れては何も出来ませんが、あの距離でボールを落とすことは何よりも恐れなければいけないこと。
自分はグリッド内にて正確なハンドリングとボールを受け取る瞬間のトップスピードを特に気をつけています!
新人池羽君の大きなコールがとても印象的だったなー!

★キックダッシュ
太腿に張りを感じたので、このメニューのみ、休ませて頂きました。スミマセン。
ボールが上がった瞬間のキャッチャー、サポートの迅速な判断、コールと位置確認。
半身でのキャッチスキル、その後のフォローラン。
ボールキャッチャーからトップでボールを受け取れるのはもちろん、
キャッチャーがボールを取れなかった場合のフォローを考え、二人目は少し深めがいいかと。
強風にもかかわらず、みんな声を出して、笑顔で走り回ってました!
声とともにランで引っぱる河合君が印象的でした!

★2列パス
ヒット、ダウンボール、ピック、パクリ、スィープ、パスの練習。
全てのメニューに通底することですが、ヒットやスィープする相手がダミーではなく、
タックラーだと思ってやると、より効果が出る気がします。
練習のための練習、でもなければ
試合のための練習、でもなく、
ラグビーが上手くなるための練習、といきたいところですね!
大好きな山田うどんと竹内に異常なまでに慕われ、
ダミーを持っているだけにもかかわらず、一番疲れていたBIG JOHNさんが印象的でした!

★DF(2対1/2対2/3対2/3対3)
とにかくDF時のラインギャップを無くそうという練習。
峰主将からの通達はノミネートとコール、横の連携の意識を強く持て、とのこと。
アタックはノーマルを基本にクロス、カラクロ、ループ、飛ばし、ずらしなど、様々なオプションで攻撃。
個人的にカラクロ〜2対1で抜こうとした時に見事にディフェンスされた善幸さんの動きが印象強いです!

★ユニット(FW&BK)
FWはスクラムとラインアウトをやりました。
スクラムは1対1〜3対3〜5対5、最後はボールイン&プッシュまで。
フロントローは下記のような編成。

レギュラーメンバー:1.山田2.BIG JOHNさん3.◯
スーパーサブメンバー:1.シップ2.竹内3.水吉さん

「お前が練習に出た時はレギュラーメンバーの良い練習相手になれるよう、全力で応えろ!」
というメグさんからの体育会系的指示(笑)に忠実に従い、
ひたすら任務敢行に集中しました。
おかげで二日経った今でも、首がスカイツリーみたくなっていますが、
それ以上にBIG JOHNさんの赤く夕焼けのように染まっていた
首から肩にかけての遥かなる地平線が、とても心配です。

ラインアウトはスローワーBIG JOHNさん、ジャンパー大谷の編成で練習。
5メンでの新しい取り組みをみんなで確認し合いながら、何度も繰り返しました。
最近、ラインアウトが課題と聞いているのですが、
昨日見た感じではサインとパターンはさておき、
リフトの高さの一定(これがめっちゃ重要!毎回高さが違うとスローワーがキツいです!)と
BIG JOHNさんのボール/精神的両面での安定が図れれば、イケるんじゃないかと思います!

BKはバックスリーのキック処理からのカウンターの練習です。
まだまだコーリング不足が課題ですね。

★タッチフット
締め。
ドス黒い雲がそぐそこまで迫っていたので、
峰主将の英断により、短めで終了。
望月君の献身的で精力的なランが、とても素晴しかったです!


決められた時間に行けば、
そこにグラウンドがあり、
ボールがあり、
仲間がいて、
ラグビーが出来、
銭湯に入り、
アフターで呑める。

そんな当たり前の日常だった生活から離れて、はや11ヶ月。
ノーサイドクラブでラグビーを出来ることが、
こんなにも楽しく、幸せなことなんだということを
あらためて深く再認識した一日でした。

本当に、本当に楽しかった。


最後に久々の参加だったにもかかわらず、
温かく迎えてくれた峰主将始め、チームのみんなに深く感謝致します。
有り難う。

仕事の都合や転勤などでなかなか参加出来ないメンバーも
時間が出来たり、東京に来ることがあれば是非、一緒に練習に行きましょう!
新しいメンバーもたくさん増え、さらにパワーアップしたノーサイドクラブと
マイペースな峰廣主将が不敵な笑みで迎えてくれますよ(笑)


※怪我をされた板垣さんと河合君の一日も早い復活を願っています!

ページトップへ戻る