練習日誌

カレンダー
アーカイブ
2010年12月
MVP:三輪

12月4日@戸田運動公園

おはようございます。キョロです♪
2度目のMVP!!ありがとうございます。
この日は久しぶりのラグビーという事もあり、とにかく楽しもうと思って楕円形と戯れました。
しかし、1度目のMVPは鼻血、二度目は腰痛から…3度目は実力で取りたいっす。笑
ラックゲームで何度か間を突破したり、相手の虚を突く奇策を練っている時はフルバックやってた頃を思い出しました。
やーやっぱりフルバックが一番好きだなー(アピール)。笑

12月3日 晴れ 戸田
グランド ぐちゃぐちゃ

【メンバー】
竹内、前川、タクマ、ビッグシップ、海老名、峰廣、溝口、弓納持、野渡、大谷、矢嶋、町田、鈴木、五十嵐、島田、折原、三輪

【サポート】
中村

ヤジーさん復活おめでとうございます!!
折原さん入部ありがとうございます!!
またノーサイドが賑やかになりました♪

1 タッチフット
いつものようにフォワードバックを半々にしタッチフットを行いました。
島田さんの声出しによるディフェンスが固くて突破できませんでした。
やはり、ディフェンスは『面で出る』という事がとても大事だと改めて身にしみました。

2 3対0 → 3対2
フォワードバックをミックスしてまずは3対0の練習。
横一列に並び、ブレイクの合図とともにスタンド、センター、ウィングの位置につく。
そして、あえて最初は敵をつけず、クロス、とばしの練習。
それを左右何本か行ってからの3対2。
前途の練習の成果がここで発揮。
抜ける率が格段にUP。
ノアさんやイカさんのパスが光っていて、バックス顔負けでした。
『フォワードバック関係なく、とっさの連携プレーをできるようにしたい』というのが島田さんのこの練習の目的でした。

3 ユニット
BK:キック練習
20mほどの距離をとってキックとキャッチの練習。
キックした人間はチェイスしキャッチした人へプレッシャーを。
キャッチした人間はそれをかわしキックを。
これを繰り返しました。
最初はショーパン、そこからハイパン、ゴロパンと本数をこなした。
キックが上手くなるには?の結論は『習うより慣れよ』という事。日々精進。

FW:ひたすらラインアウトを30分こなしました。
一回の練習で久しぶりにラインアウトにたっぷり時間をとりました。
今回は今後の中心選手に食い込んでくるであろう大谷さん、丸山さん、折原さん(実は元ジャンパー)と従来のメンバーを入れ替えながら前リフト、後ろリフト、ムーブを確認しました。

4 ラックゲーム
各FW5 SH1 BK2の8対8でラックゲームを。
感じた事はやはりFWは強い。
密集地帯では頼りになる。という事。
組合になったら敵いませんね。
実際パイルアップが何度かありました。
だからBKは当たる際にボールを離す事、ボディバランスを保つ事が大事ですね。
しかし狭い中でもスピードは必要で、島さんや琢磨さん、弓納持君の足での突破も見られました。
仲間チームで印象的だったのは、奇麗なスピードで縦に入った溝口さん、すさまじいボディバランスと重量感を持った新人の折原さん。
敵チームではビッグシップの低い当たりからの突破が印象的でした。


最後に・・・終盤のモールゲームで垣間見えたアドレナリン全開の集中力。
あれを意識して練習していけばもっと試合に強いチームになれると感じました。
 

(リポーター:キョロ)                                                                                             DSCF3991.JPG       DSCF4020.JPG

ページトップへ戻る