練習日誌

カレンダー
アーカイブ
2010年08月
MVP:中里

練習日誌(8/22) 練習@北小岩グラウンド

日誌、遅くなり大変申し訳ありません。
今回、Mgrの方がいらっしゃらなかったので、参加者に不安があります。
参加者及び練習内容に過不足ありましたら、レスつけていただきたく、宜しくお願いします。

 


8/22 北小岩
参加者:竹内、野渡、峰廣、河野、中里、無津呂、寺西、町田、海老名、馬場、鈴木、古川、住田、中川、島田、北村、吉田、三輪、ビッグシップ、前川、溝口、増山、弓納持、櫛引さん(新人)
見学者:蹴くん、宇野さんのお友達5名

残暑とは呼べない猛暑の中、合宿前最後の練習。合宿の試合に向けて、今年のノーサイドクラブの形が明確になってきている気がします。北国生まれの私は、今夏、この暑さで激しく夏バテ中です。9月、10月も記録的な残暑になる様子。皆さんエアコンのかけすぎと暴飲暴食には注意して、秋に備えましょう。
22日は練習前に、試合レビュー会を実施。オールフランス戦と浦安10'sの試合を見ました。幹部からの指摘を忘れずに、秋にはその修正が出来ていること、そして勝利の美酒に酔えるよう、この暑さに負けず頑張っていきましょう。

(1) タッチフット
3チームに分かれて、タッチフット。DF側は2mバック。3試合目が長かった気がするのは気のせいではないはず、、、。
(2) ストレッチ
住田さんによるストレッチ。この時期は体が温まるのが早いのは良いことですね。
(3) ハンドリング
2つに分かれて、ポップパス、ガットパスの練習。ガットパスって実戦ではほとんど使ったことがありませんが、ポップパスは意外に使います。しっかり練習しましょう。トップリーグでも大学の試合でも、アップを見ているとグリッドを良くやっています。その時にポップの練習もしているのですが、メチャクチャうまいです。ボールが上下運動しているように見えます。ポップは「後ろ気味に放る意識」、これがとっても重要だと思っています。
ガットは、ボールキャリアが相手の腹に放り込むことも重要ですが、もらう側の技術が結構重要です。途中でミネさんが、もらい方(両手を上下で受け取ると良い)をお話されていましたが、低い姿勢でボールをちゃんと抱え込んでもらうことを意識したほうが良いと思います。
いずれにしても、ポップだろうがガットだろうが「パス」の1つです。もらう側の「声」、これが非常に重要。なぜなら、ラグビーはボールキャリアが一番前にいるのですから。後ろに目がある人なんていないですものね。
(4) コンタクト
ハンドリングの延長でコンタクトを交えて練習。DF側は5~6人縦に並び、OF側は当たる人が1人、当る人に後ろの人が「ガット」もしくは「ポップ」と声をかけて、当った人が後ろを向いてコールの通りに対応する、という練習。
この練習で重要なのは、「声を出すタイミング」「自分の位置の伝達」「声を聞く意識」だと思っています。
特に「自分の位置の伝達」と「声を聞く意識」は実戦において非常に重要です。右なのか左なのか、浅いのか深いのか等々。島田先生は「遅れた!!!」という声を良く出します。これ、とっても重要なんです。正しくても間違っていても、とにかく声を出すこと、これはラグビー全般において非常に重要だと思います。うるさいくらいに声を出すことを意識したいです。
(5) ユニット練習
FWはラインアウトを練習。最近リフトがなかなか合いません。秋には修正したいのですが、とにかく練習するしかありませんね。海老名さんを落とさないように頑張ります。BKはラインの練習だったような、、、
(6) コンビ
久しぶりのコンビ。コンビは、相手がいないので、どんどんゲイン出来てしまうため、DFを想定してポイントを作るべき、と思います。特にFWは行き過ぎる時があるので要注意です。
また、ポイントに入る人数もまちまち。1人しか入っていないときもあれば4人くらい入っているときもあったと思います。自分が何番目に走っているか、というのを意識して入るか入らないかを見極めましょう。もしくは後ろの人が声をかけてあげるか、ですね。
コンビをやっているときに、三輪君がブラインド側に走ることが多かったですが、これは実戦でも十分にありえます。その際にFWがしっかりと対応できるようにしましょう。

全体を通してですが、あまり声が出ていなかったように思います。とにかく声を出しましょう。暑い時、しんどい時にこそ声を出しましょう。それによってムードも出来るし、チーム全体が鼓舞されます。
良い試合をして勝つために、とにかく盛り上げていきましょう!!!!
 
(リポーター:中里)

ページトップへ戻る