練習日誌

カレンダー
アーカイブ
2010年08月
MVP:中里

合同練習with西武台高校@西武台高校(7/19)

いよいよ夏も本番、初の人工芝での練習、初の高校生との合同練習は、私のラグビーに対する想い同様に熱く暑い練習となりました。
練習後に差し入れた夕張メロンとは裏腹に、ぽにょ先生の練習メニューは甘くなく、何とストレッチ後に筋トレという、いかにも体力の有り余らん若者らしい練習でした。ラグビーの練習後に高校生達はサッカーをやっていた事に心の底から驚きと羨ましさを覚えたのは私だけではないはずです。
西武台高校ラグビー部のスタッフの皆様、そして選手の皆様、本当にありがとうございました。

さて、本題に。途中、暑さのため意識が朦朧としていたところもあり、以下練習の順番にあまり自信がありませんが、記憶の範囲で。
【参加者】
■プレーヤー
無津呂さん、島田さん、上林さん、たくま、海老名(キャ)さん、町田さん、やじー、ポニョさん、竹内さん、イカ、住田さん、慎ちゃん、峰さん、もっち、ジョンさん、てるさん、ねもとさん、ぜんこうさん、北村さん、ゆみなもちさん、溝口さん、前田さん、寺西さん、山さん、水吉さん、ななせさん、ノワさん、タイガー、中里
■見学(水遊び)
蹴ちゃん
■マネ
中村

【メニュー】
1.ストレッチ
高校生の掛け声により、ストレッチ。普段より気持ち短めでしたが、若者は十分なのでしょう。

2.筋トレ
V字腹筋30回、腕立て伏せ20回

3.タグラグビー
高校生&ノーサイドメンバーの混成チームを8チーム。
誰か1人のタグが2つとも取られなければ攻守が交代しない、ただし、トライはタグが2つとも残っている人のみというルールでのタグラグビーでした。
タグを1つだけ取られた状態で抜けた場合、しっかり裏にサポートが走っていなければトライには結びつかない、というのは非常に良いルールと感じます。
普段から、サポートの意識をつけるのは本当に重要なことですね。
高校生達はスピードとステップが優れていました。高校生達に混じってジョンさんがとっても楽しそうにしていたのが印象的です。

4.フィットネス&ハンドリング
追いかけっこにも似たランニング練習。2人が並び、内側の人が出るのに合わせて外側の人が追う、追いつけば外側の人の勝利、追いつかなければ内側の人の勝利、敗者は勝者をおんぶして戻る、という練習。
ともすれば、非常にストイックにならざるを得ないランニング練習をゲーム形式にするのは非常に良いアイディアだと思います。
その派生で、ランニング途中に一度寝る、というラグビーならではの動きを取り入れた練習も実施。

5.変則2:2
一見3:1に見える布陣のうち、1人はDFになるという変則的な2:2
1人はフルバックっぽく、1人は追いながらのDF。
これが意外に抜けない。特に、ブラインドパスが非常に多かった様に思います。自分の位置をしっかりとコールするという基本をしっかりと持つ必要があると感じました。

6.キック処理練習
攻撃側は追う人と後ろのDFラインをしっかりと作ってDFをし、守備側はWTBとFBとNo.8のみでしっかりとカウンターをする練習。
久しぶりのNo.8の動きをしましたが、キック処理が全然出来ない。フィールドプレイでは今後こういった動きも出来るようにならなくてはいけないため、個人的には今後の課題です。

7.ユニット練習
FWはラインアウトの練習。
今回はラインアウトからモールの練習がメインとなりました。
プレッシャーがそれほど大きくなかったため、キャッチさえ出来ればモールを形成、プッシュも出来ましたが、ラインアウトのキャッチ精度が低いです。
暑さも確かにありましたが、暑い中でも精度の高いキャッチが出来るようにジャンパー、サポート共に課題が浮き彫りになったと思います。

8.Attack&Defence
最後に10分のAD。既にヘロヘロなノーサイドクラブは、スクラムこそ優勢だったと思いますが、最後に1本とられてしまいました。
セットからの1次で取られてしまった気がします。BKも課題が見えた練習になったのではないかと思います。


全体を通して、やはり声が非常に少なかったような気がします。
熱いときこそ鼓舞する声を、と自分でも反省。。。ラグビーはチームプレイですから、コミュニケーションをもっと取るように心がけましょう!!!

夏にどれだけ走りこめるか、どれだけ自分を痛めつけられるか、が秋に響いてきます。
皆で強くなりたい。皆で上手くなりたい。皆で勝ちたい。
心からそう思います。

(リポーター:中里)

ページトップへ戻る