練習日誌

カレンダー
アーカイブ
2009年12月
MVP:海老名

練習日誌(12/22)

【メンバー】
寺門、海老名(裕)、楢本、小沼、五十嵐、桜本、塩原さん

【MVP】海老姉さん

【メニュー】
・ ランパス
・ タックル練習
・ 一対一
・ サイドDF
・ コンバージョン&ヘッド
・ キックオフ
・ タッチフット

<ランパス>
3往復くらい徐々に上げていきました。もっちのスクリューはとても綺麗でした。

<タックル練習>
スクエアの中でOFが歩きながらステップを切るので、逆ヘッドにならないようにタックルに入る練習をしました。コツとしては相手の腰を見ることです。腰は重要です。ラグビーにおいても...

<1対1>
スクエアの中で1対1をやりました。OF側は自由に走りDF側はタッチで止めるという練習です。DFはタックル練習でやったように相手の腰を見てステップなどに騙されないように相手の正面に立つのが重要です。最初ザルDFだった楢本さんの成長が著しかったです。

<サイドDF>
OF側にSHとSO,DF側は両ポストとオープン側に1枚でサイドDFの練習をしました。OF側の攻撃オプションとしては①SOへのパスアウト②SHの左右持ち出し③SHの横走り
で、ブレークする度にSHがポイントを移動させてDFもそれにともなって移動しました。

両ポストは
「SHがパスアウトするまでしっかり真っ直ぐ前へ出る」というのがポイントになりました。何度やってもSOが目に入るせいか、SHに内を抜かれる人が急増していました。サイドDFは内だけは絶対に抜かれてはいけません。しっかり意識しましょう。両ポストの仕事としては「SHに内を抜かれない」「FWのサイド持ち出しを止める」の2つが一番重要だと思います。欲を出してSOを意識してしまうと一番重要なところを忘れてしまいます。

<コンバージョン&ヘッド>
コヌがコンバージョンを蹴って、FW4人でそのボールをキャッチしてヘッドをしました。コヌのコンバージョンの精度の高さに驚かされました。コヌキンソンの名前は伊達ではないなと思いました。

<キックオフ>
キックオフのキャッチの陣形を作り、実践に近い練習をしました。基本的にフロントローが取ったらすぐに後ろを向いてモール。ロックもDFが来ていることが多いので基本的にはモール、キャッチしたときにDFがまだ来ていなければ前へ出てラックを作りましょう。この際には周りの声が重要です。

<タッチフット>
5人でタッチフットです。一人がOF専門役をやり、5人で走り続けました。DF1人が怠けた瞬間トライされてしまう、厳しいものとなりました。

今年一番の冷え込みだと天気予報で言われていた今年最後の上智練習。或る者は上智で流した一年間の汗を思い出すように、或る者は一年間屈強なラガーマンたちの足元を支え続けたグラウンドを労うかのように上智の土を踏みしめていました。※上智グラウンドの土の量が20%増量していたのはここだけの話です。
練習開始時に集まったのは熱い4人のFWでした。寺さん、タイガー、イカ、もっちの4人でサイドDFまでこなし、コヌが来てからは5人でサイドDF以降の練習を行いました。試合前とだけあって、少人数の割にかなりモチベーションが高い練習となりました。途中僕らの練習を見学している美女がベンチに現れましたが、近づいてみたら海老名さんでした。極寒の上智に舞い降りた天使ですね。またタッチフットの終わりの頃に、先日の練習にいらっしゃった塩原さんが現れました。塩原さんは今週末のワセクラ戦もいらっしゃるそうです!
 
今年最後の上智練習となりましたが、一年間上智担当として働いてくださった海老名さん、本当にお疲れ様でした。ということで海老名さんがこの日のMVPです。また来年もよろしくお願いします。※一年間様々なグラウンドを手配してくださった皆様、また上智の抽選に参加してくださった皆様本当にありがとうございました。皆様のお陰で私たちはラグビーをすることが出来ました。来年もよろしくお願いします。

(日誌代筆:五十嵐)

初のMVPでした。西山・エビナ・裕子であります。

上智担当として、皆様には大変なご協力とご迷惑をおかけいたしました。

抽選日程の公表が遅くなりがちであったこと
毎回、違う方の参加があったのに、案内が明確でなかったこと
抽選後の利用権の所在の把握ができていなかったこと

などなど、反省いたしております。

来年度の改善点としては

①抽選日程を年度初めに公表する(必要とあらばスケジュールにあげることも検討)
②募集案内に場所・時間の案内を明確に毎回あげる
③利用券の回収と精算を私を窓口として一本化すること
④平日練習の充実

を目標にしていきたいと思います。

しかし、最終練習は寒かった!凍てつく、というのはこういうことですね!
グラウンドに降りた時、メンバーは4人でした。
タックル練習時でしたでしょうか?

広いグラウンドに4人。

ノーサイド発足初日の練習、の思い出がよみがえりました。

あの時、たった4人だったメンバーが、2年半で30人。
これからも、皆のために頑張っていこう。と、思いました。

(感想:海老名裕子)

ページトップへ戻る