練習日誌

カレンダー
アーカイブ
2009年11月
MVP:岩城

練習日誌(11/24)

高田馬場ノーサイドクラブ、最年長者の岩城です。
今回は高花さんが仕事で途中退場してしまったので、私以外は平均年齢20代前半、ノワ君がかろうじて四捨五入で30という、私の年の半分も行かない人達に混ぜてもらっての練習でした。

<MVP>岩城

<メンバー>
高花、五十嵐、桜本、岩城、小沼、野渡+宇野
(彩ちゃん以外は来た順です)

・高花さんとイカ君でキック合戦。

・モッチが加わり、一人がキック、二人でキック&ラッシュ。
 この時点で、高花さんは汗びっしょりでした。
 (高花さんは仕事で急な呼び出しがあり、急遽そちらへ)

・岩城が加わり、キッカー彩ちゃんが蹴ったボールをキャッチ&ラン&パス。
 (寒さも忘れて、ゼイゼイ、ハーハーでした)

・コヌーとノワが加わり、ボールの受けとパスの放り方の基礎を洗い直しました。
左からボールを受ける際は、右足を出した上体でボールをもらう
ボールを取ったら、まず頭の位置にボールを持ってき、そこから下にスクロールする形でボールを右側に放る
放る際、左足を前に出し、相手の胸と顔の間をめがけてスロー。
スローした後、必ず手が相手の体にまっすぐ流れていること確認する。

・SH→SO、FWが前に出てから45度に切れ込んですれ違いざまにボールをもらう。
 全力走でSOの前を抜けるときにボールを受ける、その後、切れ込んだ先でボールダウンし、そこからまたSH→SO、FW、チェンジアングルの繰り返し、

・チェンジアングルの時のパス。最初は浮かし、次はガット、最後は受ける人が「浮かしかガットかをコールして受ける。ボールはすれ違う一瞬の時を狙って渡す。これを5人でグルグル回す。

・最後は3対2のタッチ、オフェンスは常に3人、一人はターンオーバーしたらオフェンスに回り、常にオフェンス(これが疲れる)、トライしたら、その人がオフェンス専門に交代。これを約15分やり、練習終了。

今回は急な平日練習で、アップするにももう閉めきりでしたが、少ない人数で充実した練習ができました。

アフターは、彩ちゃんは渋谷に、男はしんみちの「赤札屋」へ、発音は良いと言われるイカ君の中国語は福建省の女性には通じないことが分かりました。あと、モッチが目を輝かせて、テラ主将とイカ君のなじみの話を聞いていました。モッチはバビー派というよりはイカ派に流れてしまいそうで、お父さんとしては不安でした(笑)

(文責:岩城)

ページトップへ戻る