練習日誌

カレンダー
アーカイブ
2009年09月
MVP:及川

合宿日誌(2日目午前編)

【二日目午前】
一晩寝ると身体がバッキバキに硬くなっていて、起き上がるのもつらい。このまま1日寝ていたいと思った千葉の朝。何故か全裸のバビー。そして元気な汚れを知らない身体の一部。それを隠さないバビー。父さん、どうやら千葉は人間を解放的にさせるみたいです。
朝食はバイキング形式で、結構な量をモリモリ食べている人多数。どうやら皆さん二日酔いではなさそうで、前日の練習の疲れもそこそこに取れていそうな雰囲気。「この様子じゃあ練習量は減らねーな、チッ・・・。」と思っていたことは秘密。

(1)900~ ストレッチランパス
島田式お遊戯気分のストレッチでみんな童心へ。あー、あの頃に帰りたい。あの頃はモテていた、あの頃に帰りたい、帰りたい・・・。
島田式ストレッチで驚くほど身体の硬さが取れ、「あれ、まだまだ動けちゃう!?」と感じた。恐るべし、島田式ストレッチ!!
その後はランパスを昨日同様に。

(2)930~ 生タックルでアップ
練習内容忘れました。きっと頭を打ったんです。そうに違いありません。
たしか、正面から走り込んでくる選手にタックルにいっていたような・・・。
「いいですか、皆さん。日誌を書くことを後回し、後回しにするとこうやって忘れちゃうんですよ!!それほど人間の記憶は曖昧なものなのです!!僕は皆のためにあえて忘れたんです。感謝してもらいたいくらいです。以上!!」

(3)940~ 追いタックル
主にバックスに多いシチュエーションかなと思います。まさに追いタックルのシチュエーションを再現しての後ろからのタックル。
まだFBがいる状態で追いタックルをする場合、追いつけないのであれば「FBがタックルに入った際のサポート意識」、追いつけるのであれば「止める」または「少しでも敵のバランスを悪くさせ、スピード減を狙いFBがディフェンスしやすくする」、って感じでしょうか。追いタックルのシチュエーションを再現しての練習は個人的に初(チームでも初?)だったので、とても良い練習だった。何度も書きますが、僕はタックルがまだまだダメなので合宿でタックル系メニューが多かったのは良い練習になった。
あ、でもタックルは痛いのでやはり嫌いです。

(4)1030~ キック処理(バック3のカウンター vs FWを中心としたキック対応DF
バック3はこれまでも練習したことのあるキック処理からのライン展開練習。
FW
はスクラムの姿勢からキック対応のDF展開(おそらく初?)。
バック3 v.s. FWのちょっとガチンコな練習。
FWの練習ポイントの詳細は分かりませんので、追記して下さい。)
実は僕はこの時ひたすらDF側ブラインドWTBの練習。「オンサイドの掛け声」と「クイックスロー防止」と「相手バックスのコース誘導」が目的の練習。
たぶん、地味にこの練習で一番全力疾走していたのは僕です。
そう、地味なんです、僕。フィールドのカリスマになれる日はいつ!?
そして実は僕、キックキャッチが大変に苦手です。
ラグビーボールの伸びや減速が未だに掴めてません。なので半径1m以内にボールを落とす確率が高いのです。住田さんのようにドンピシャキャッチができんのです。
練習あるのみだとは思うのですが、コツってあるんですかね??

(5)1130 終了予定
無事終了。午後練があることをただひたすらに恨む。
父さん、僕はもう限界です。

 

(文責:及川)

ページトップへ戻る