練習日誌

カレンダー
アーカイブ
2009年09月
MVP:及川

合宿日誌(9/26初日練習編)

【午前】
あれはそう、合宿の朝だった。
寺さんが家に迎えに来てくださる約束の5分前。
メールが来た。
前のビーチフットの時も、もうすぐ着くよメールをくれたので、それかと思った。
そう、信じていた、信じていたんだ、寺さんを。
「寝坊したらぶっ殺す」発言した寺さんを。

あとはご想像にお任せします。

そして、遅刻しながらも何故かグラウンドに1等賞で到着!!
なぜなら先についた皆様が面倒な手続きをして下さったから。
ありがとうございます。
一番芝頂いちゃいました!!

そんな明るいテンションでとうとう合宿が始まっちゃいました・・・。

【午後】
(1)1300~ ランパス
「平パス」、「スクリュー」、「クロス」、「飛ばし」のランパスをしました。
芝の上でのランパスは気持ちが良かった!!
普段のキャッチボールの際、スクリューでばかり投げていると、平パスがどんどん下手になっていくので、どちらも上手く投げれるようにならなきゃなー、と思った千葉の秋空の下。
個人の課題としては、ずっと気をつけつつも直らない、スクリューパスが地面に対して水平にならず、斜め45度くらいになってしまうため、空気抵抗を受け飛距離・スピードがでない点。ポニョパスが理想。
(2)1330~ セービング(フロントセービングとバックセービング)
3人一組で地面に転がったボールをセービング、ランパス。
セービングの形が綺麗な人、まだまだな人がいたため、4~5人一組でひたすらセービングの練習。「人の振り見て我が振り直せ」の精神。
OF2人対DF1人で、セービングorハイパンキャッチの後の対処練習。

(3)1400~ スクラム(FWBK全体で)
普段なかなか出来ない合宿ならではの練習。FWBK関係なく、スクラムを組む。FWのスクラム練習の色が強かったため、FW5人対FWBK連合でひたすらスクラム、スクラム、スクラム。一度竹内さんの対面で組み、もう二度とスクラムは組みたくないと思った千葉の秋空の下。FWの皆様、僕よくノックオンしますが満面の笑みで許して下さいね!

(4)1440~ モール(主にFWのラインアウトモールを想定。)
普段なかなか出来ない合宿ならではの練習part2!!モールにBKが入ることは少ないため、良い練習になった。モールに突っ込んで押していると、当然ながら周囲が見えないため、声とハーフの指示を聞かなきゃなと思った。但し、モールの核の選手(名前なんですか?ラインアウト後ならロックがやるあれ)の声は左右が反対になるので、かなり混乱した。右端で左に押している最中、「右に押せ!!」って何度も言われ、混乱して顔を上げたら寺さんがこっちを見ながら「右に押せ!!」だったので、僕からしたら「左に押す」で押している方向に間違いはなかった、ということがありました。

(5)1520~ ラック&オーバー
 a. 2対1(ダミーあり)
 b. 2対1(ダミーなしの生、絡みあり)
 c. 2対1(セービングスタートver
 d. 7対7(クォーターコートでラック&モールゲーム)
軽く頭を打っていたようで、記憶が曖昧なので、誰か教えてください。
ただ、僕はタックルが嫌いというか下手なのでこの手の練習はもっとやりたい。
僕のタックルの修正すべき箇所は、「足をかいて前へ出るタックル」ではなく、「ある程度の距離で飛びつくタックル」のため、トップスピードで突っ込んでくる選手は止められない点。(BKなのに・・・。)そんなダメタックルのために、2日目の試合でジャイアンにタックルして吹っ飛ばされた。ジャイアンのくせに~!!
意識して修正したいと思った、千葉の秋空の下。

(6)1630~ フィットネス(ノーサイドランド Presented byコヌー)
・計400mのシャトラン(死)
・タックル(死)
・クイックパス(死)
死んだ。マジで死んだ。合宿のメニューの中で文句無く一番きつかった。
もう吐くかと思った。むしろちょっと出た。そんなとき、さえちゃんが優しく氷で冷やしてくれてちょっと(照)

(7)1700 終了
1
日目からとばしすぎじゃないかと疑うメニューに、身体は限界。
でも2日間終えたときは丁度限界2歩手前って感じだったので、練習メニューを考えてくれた皆様ナイスバランス!!

~夜へつづく~

 

(文責:及川) 

ページトップへ戻る