練習日誌

カレンダー
アーカイブ
2009年05月
MVP:前田

練習日誌(4/30)

上智大学の真田堀グラウンドに抜けるトンネルをくぐると、最初に視界に入ってくるのは、彼岸に佇む丸の内線四谷駅のホームと、水銀灯の光が乱反射して赤茶色になっている夜空。
木曜日の午後7時。月に一度の「平日練習」に30分ほど遅れて到着しました、FLの松田です。もうグラウンドでは、我らノーサイドクラブの声がこだましています(ちょっと大げさ)。32の練習が始まっていました。

 

参加者:

・プレーヤー    17名、 Mixiで来た、19才上智1年生イケメンHOを含む

・サポーター     5名、 Mixiで来た、19才の彼女(同級生)含む

・アフターのみ   1    川口さん

 

MVP:前田さん


個人的には、平日練習は最高の「ストレス解消」だと思っております。
会社を定時で切り上げて(切り捨てて)中央線に乗り込んだら、もうラグビー・モードであります。
この日は横浜の保土ヶ谷から駆けつけたので、残念ながら遅刻です。保土ヶ谷といっても、保土ヶ谷グラウンドではありません。保土ヶ谷グラウンドの手前にある、「かながわアートホール」というところにおりました。
それはさておき、この日の参加人数は・・・15人超!? 
平日練習史上最高の出席者数です。よくもまあ、木曜の夜に集まりました。
おかげで、シメのタッチフットでは、3チーム総当り戦という贅沢な内容になりました。

王子がスタンド固定で臨んだ我がチームは、先の32で試していたプレーを「サイン・ムツロー(あくまでこの日限定のサインなので覚えないで下さい)」と名づけ、「ムツロー」「ムツロー」と王子からサインは出ていましたが、あともう一歩、うまくいきませんでした。うまくいきませんでしたが、王子はにこやかです。「うわあ、スタンドめちゃしんどかった!」といって笑っています。最近、王子の機嫌がすこぶる好いような気がします。ラグビーの出来に左右されないくらい機嫌好いのです。とてもいいことだと思うのでこのままにしておきますけど、何かあったのでしょうか。

あとで自宅に帰ってYou Tubeでオール・ブラックスのタッチフットを観たのですけど、僕らもあんなふうにできるようになれたらいいなあ、と思います。

この日のMVPは、新人前田さん!3月に入部したばかりですから、たった1ヶ月でMVP選手になってしまいました。おめでとう!
セレクターの島田さんから「前田さんの、最後まで脚で追う〈あきらめない姿勢〉をみんなもっと見習いましょう!」とゲキ。この気持ちがあればこそなんですね。

練習のあとの食事会も終えて解散後、午後1145分の高田馬場駅。駅前でうだうだしていたチームメイト4人が、前田さんと邂逅(=思いがけない出会い、偶然出会うこと)!翌午前3時まであきらめないで飲みました。最後までMVPでした。

 

(善幸筆)

 

32までの練習

・ストレッチ:平日に15人超でのストレッチの絵は壮観です

・ランパス

・ヘッドダッシュ:ウォーミングアップもかねて

21:平日なので基本に戻って正確なハンドリングを目指しての練習

32:通常の32に加え、対戦相手を最初にビビらせるためのサインプレーも練習しましたが、これは秘密です

 

(住田追記)

ページトップへ戻る