練習日誌

カレンダー
アーカイブ
2009年04月
MVP:大迫

練習日誌(4/5)

今年初めての小岩運動場での練習となりました。3ヵ月グランドの養生をしていたわりにグランド状態自体はそんなに良くはありませんでしたが、広いグランドでのラグビーはやっぱり爽快です。今回はバックスの面々も多数集まり、20名あまりの参加者。活気にあふれる練習となりました。それでは練習内容をザックリと紹介します。

 

【参加者】

海老名、古川、辻井、大迫、照山、住田父、慎太郎、五十嵐、溝口、前川、野渡、楢本、岡田、川口、鈴木、島田、無津呂、中川、寺門、前田、ゆみすけ

 

MVP】大迫

 

6月までのポジション発表】

今期末に予定されている江戸龍さんとの練習試合に向けて予想していなかった突然のポジション発表。サプライズ!!

 

【ストレッチ】

タイガーさんの指示の元、ストレッチ。体の硬い○○親子。

 

【ヘッドダッシュ】

今回はキッカーに照山、大迫と住田父が抜擢されて4人・ダイアモンド型の体型でのヘッドダッシュをやりました。キャッチ前のマイボールの声、キャッチのスキルとフォローランの際の声だしが重要です。

 

【ポジ連】

私が参加したバックスのポジ連は基本スキルを中心としたものでした。

・平パス

・スクリューパス

・ハイパント

・スクリューキック

どれもボールの持ち方、投げ方、蹴り方など基本に戻っての練習でした。

フォワードはスクラムを組んでいたようです。

 

【キック処理】

キックを受ける側:フォワード3列、SO1CTB2CTB、両WTBFB

キックする側:フォワード3列、SHSO1CTB2CTB

SOのキックをキャッチした後のラインの作り方、フォローの仕方などをシミュレーション。FBWTBの指示出し、FWBKのアイコンタクトなどによるフォローなど難しい点があるものの、意外と上手くいっていたと思います。

 

【ホールドフット】

7名ずつの3チームに分かれて、コート半面を横長に使ってのホールドフット。

横がフルコートと同じ広さだったので、しっかりと展開できたチームが優勢でした。クロス、ショートなど今までに練習したプレーも織り交ぜ、バックス陣特に大迫のキレキレのステップがすごかったです。これがユミスケさんの評価を得てMVPに決定。

 

【感想】

今回の練習の中で、キック処理とホールドフットの際、ラインが浅かったのでパスをほとんどもらえなかったです。それと、ずっと同じ位置でオフェンスやディフェンスしていたので、もっと動いてラインに入ったほうが良いと思いました。次の練習のときはディフェンスの人数が足りない時はちゃんと声を出して人を呼んでいきたいと思います。ホールドフットではこのチームではじめてのトライを決めることができ、大変うれしかったです。(住田慎太郎筆)

 

(感想以外住田父筆)

 

090405①.jpg  090405②.jpg  090405③.jpg

ページトップへ戻る