練習日誌

カレンダー
アーカイブ
2009年03月
MVP:無津呂

練習日誌(3/15)

お天気も良く、家族連れが多く繰り出す中、芝生の一角で楕円球を追い回す若干浮いた集団。。。今日も元気なノーサイドクラブ練習日誌です。

<参加者>
プレーヤー:海老名、溝口、無津呂、經塚、岩城、住田、慎太郎、野渡、五十嵐、鈴木、馬場、寺門、町田、川口、楢本
サポーター:西山、斉藤ゆ、けいすけ

今日の練習のテーマは
「ボールを持ち込む側のコンタクト」です。

メニューは以下。
①グリッド
アップ代わりのグリッド。ジョグでスタートするも声を出しているうちに自己催眠なのか、知らずにスピードが上がっていく。・・・と共にミスも増える。
ゆっくり・確実にやることでスキルは身につきます。はやる気持ちを抑えて、基本こそ焦らずじっくりやりましょう。

②ボールを持っての当たり
まずヒットのみでアップ → ヒット&ドライブ+ダウンボール、最終的にはDFがからむところまで。ヒット後の姿勢次第で、ドライブできる/できない、さらにはその後のボールのつながりにまで影響します。基本姿勢(シセイ)こそヒットの基礎であり、奥義です。

③ディフェンスの間を狙ってヒット
SO
からの球を受け、相手SOCTBのギャップを突く。実際の試合では相手タックルのポイントを自分からずらしてさらなるゲインをし、トライへつなげることが肝要です。まともに当たって勝ったらそれはそれで気持ちイイだろうけど、チームのためにはなりません(笑)
この練習は実戦を強く意識した動きでした。

④1対1→1対2
ハーフからのパスをもらい、ピラーDF役と1対1
→かわした場合、ラックから追いついたFWと1対2
→かわせないとその場でからまれて1対3
※タックルバッグ無しのフルコンタクト
これも実戦中にFW/BK共よくある場面、スペースを活かしていかに相手をかわすか、がポイントです。やたらクラッシュ好きの当たり屋もおりますが、スペースがある場合は一気にゲインしたいところです。

⑤タッチフット
今回も「ノーサイドからプレーを始めた組」vs「部活経験者」前回の反省を活かし、前後半とも「未経験組」がリード。やった!と思ったらまさかの3本目突入→ノートライに抑え込まれボコボコ。。。ケガのため観戦していた溝口さんより、「経験者は"誰"が"どのようなプレーをするか"についての理解が深い」というコメントがあり、未経験組は皆納得。個人的には、いままで走って動き回るのに必死だったタッチフットが、周囲を意識して動けるようになってきたこと、チームの約束事を決めて組織的に動くこと、を意識できるようになってきたと思えてきたところで、上記コメントは特に染み入りました。

次回練習はタッチフット祭りとなるようなので、もっとチームトークをして経験者をあっと言わせるようなプレーができたら、と思います。

気温も上がってウキウキする季節になってきました。ますますEnjoy!Rugby!!していきましょう~。

 090314②.jpg  090314①.jpg  090314③.jpg  090314④.jpg

ページトップへ戻る