練習日誌

カレンダー
アーカイブ
2009年02月
MVP:野渡

練習日誌(2/1)

昨日まで雨だったので土の状態が心配でしたが、程よく柔らかくて良かったです。
先週に引き続き航空公園での練習でした。

【参加者】敬称略
寺門、海老名、高、溝口、峰広、河野、寺西、岩城、町田、前川、経塚、無津呂、野渡
鈴木(寺西さん友人)、河野弟、佐藤(河野弟友人)、鷲津(河野弟友人)
寺西さんの友人である鈴木さんや河野弟とその友人ら『チームポニョ』など、新顔の参加もありました。
【練習メニュー】
グリッド
ヘッドが最近続いていましたが、強風と寒いので指先のアップにと久しぶりにグリッドをやりました。
コンタクト
まずは肩当てからヒットドライブダウンボールという持ち込んだ側のコンタクトの練習
低く強い姿勢でスピードをつけてヒット、その姿勢とスピードを落とさずに足をかく!
SOからのパスを受け、すかさずダミーへ当たるCTB的練習
最初は普通でやり、最終的にはSODFをギリギリまで引きつけてからショート気味にパスをしCTBがクラッシュ。
普段はDFのギリギリでボールをもらってヒットする機会がなかったので良い練習だったと思います。
カットイン
SOCTBの想定でCTBが急角度でコースを変えてディフェンスの間を付く。
ポイントは角度。いかに相手DFCTBを置き去りにするか。そしてスピードの変化。
角度を変えて(アングルチェンジとも)急加速っす。
タッチフット
先週の練習でも行われたJohn'sタッチを7対7でやりました。
その際にもポイントとなったのが、トライ&チャレンジ。
何でも良いからクロスでもカットインでも試しましょう。戦略的に有効性がどうかは別にして。
今日のトピックは、まず我がチームにポジションSO専攻の鈴木さんが参加して下さったことです。
10
数年ぶりとのことでしたが、柔らかい土のグランドをスニーカーで衰えを感じさせない走りをみせてくれました!
二点目は河野弟と友人らのユニット「ポニョサポーターズ」の皆さん。特に弟さんは関西大学リーグのトップリーガーとしての実力の片鱗をみせてくれました。
これだけのレベルのプレーヤーと一緒に練習できたことは有意義な経験だったと思います。
この日、最も勇気ある寺門さんは、果敢に挑み、航空公園に華を咲かせて散りました。
こうした痛みのある経験を重ねていくのも、ラグビーでは一回り成長するキッカケになると思います。

ページトップへ戻る